×

結婚相手を見つけるために

男女

バツイチの人は婚活をする中で、自分が離婚経験者であることを隠すべきかオープンにするべきか迷うこともあるでしょう。未婚者と同じステージで婚活する場合、どうしてもバツイチであることをハンデに感じてしまい、隠したまま活動している人も多いようです。しかし、その場合お付き合いが真剣になればなるほど、バツイチであることを告白するタイミングが難しくなってしまいます。せっかく結婚話も出ているのに、本当のことを言えば破談になってしまうかもと不安になることもありますよね。そんなときは、バツイチに特化した婚活を行うのがおすすめです。もともとバツイチだと明かして婚活をするため、隠し事もなく前向きに婚活を行うことができます。

パーティーに参加する

バツイチの婚活方法として一番気軽に参加できるのが、婚活パーティーでしょう。規模は様々ですが、1度に20人から50人、大きいパーティーでは100人以上の異性と出会うことができる画期的な方法です。一般的なスタイルは、参加者全員と少しずつ話す機会があり、最後のフリータイムで気になる人にアプローチして、連絡先などを交換します。短時間で自分をどれだけアピールできるかにかかっているので、プレゼン能力に長けた人が成功しやすい方法です。パーティーに参加する条件がバツイチ限定、30代限定などと絞られているものは、よりターゲットを絞って相手探しをすることができます。参加費も1000円から5000円ほどとリーズナブルなのも利点です。

結婚相談所を利用する

バツイチであろうとなかろうと、最も成婚率の高い婚活方法は結婚相談所とされています。結婚相談所は専任のカウンセラーがついて条件に見合った相手を紹介してくれるので、自分で積極的に動かなくても相手を見つけやすいのが特徴です。結婚相談所によって開催されるパーティーやイベントも多く、それらに参加するだけでも出会いのチャンスは大きく広がるでしょう。ただし、結婚相談所は何をするにもお金がかかるので、ある程度の出費は覚悟せねばなりません。最も成婚率が高いのは入会してから半年までの間ということなので、半年を目処に結婚相談所での活動を続けるのも良いでしょう。結婚相談所では、入会する時に詳しいプロフィールを作成するため、紹介される相手はバツイチであることを納得したうえでのお見合いとなります。バツイチであることを隠さず、のびのびと活動することができるでしょう。また、高いお金を払い入会しているため、冷やかしはおらず真剣に結婚を考えている人が集まっているのもメリットです。

広告募集中